SSブログ

大量マイルを貯めるために必ず登録すべき中継サイト [ANAマイル大量獲得まとめ]

大量に貯めたポイントサイトのポイントは、使い道によって交換ルートが異なります。
このサイトでは「ANAマイルに交換する」という最終目標がありますので、最適な交換ルートについて解説していきましょう。

■基本はソラチカルート

各ポイントサイトのポイントを「中継サイト」と「メトロポイント(ソラチカ)」を経由してANAマイルに交換するのが「ソラチカルート」。
ポイントを最大限の価値を保ちつつANAマイレージに交換することができるのは、このルート以外にありません。

ソラチカルート

ソラチカルートについては、以下の記事にて詳しく解説しています。

関連記事
年間216,000マイルを手に入れる! ANAカード(ソラチカカード)を使ったソラチカルート解説
(2017年6月23日の記事)
ポイントサイトなどで貯めたポイントをANAのマイルに交換する場合、必要不可欠なクレジットカードが「ANA ToMe CARD PASMO JCB」、通称ソラチカカードと呼ばれる東京メトロのカードです。
このカードを持つことによって貯めたポイントの価値が劇的にアップするので、ANAマイルを効率よく貯めるなら必ず持っていなければならないクレジットカードなのです…


■ポイントはメトロポイントに集約するのが基本

最終目標であるANAマイルに最高比率で交換できるポイントは「メトロポイント」。
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)を持っていれば、0.9倍という高い比率でマイルに交換することができることから、このルートは「ソラチカルート」と呼ばれています。

「メトロポイント」からANAマイルへの交換は1ヶ月に20,000ポイントまで。
つまり1年で240,000ポイントという上限があるので、「ソラチカルート」で年間最大216,000マイルが獲得できるわけです。

ただし、各ポイントサイトのポイントは、残念ながら直接「メトロポイント」に交換できません。

そこで「中継サイト」の出番となるのです。
各ポイントサイトと「メトロポイント」の橋渡しをしてくれるのが「中継サイト」の役割です。

ANAマイルを大量に貯めるために必要な「中継サイト」は「.money(ドットマネー)」「PeX」の2つ。
以前は「Gポイント」も重要な「中継サイト」のひとつでした。
しかし、2017年4月からANA VISA(三井住友VISAカード)のワールドプレゼントポイントの交換先に「PeX」が加わったため、中継サイトとしては役目を終えました。


■.money(ドットマネー)は交換手数料無料

「.money(ドットマネー)」基本情報
  • ポイント価値:1pt=1円=0.9マイル
  • 有効期限:6ヵ月後月末(一部のポイントは翌月末)
  • 最低交換pt:300pt(メトロポイント)
  • 交換単位:100pt(メトロポイント)

.money(ドットマネー)トップーページ

「ハピタス」「ちょびリッチ」「Point Income(ポイントインカム)」「moppy(モッピー)」などから交換できる「中継サイト」が「.money(ドットマネー)」。
それぞれのポイントサイトのポイントを、価値を保ったまま、手数料無料で「メトロポイント」に交換することができます。
(※上記の4サイトは「PeX」に交換することもできます。)

「.money」は中継サイトだけでなく、ポイントを貯めるためのサイトとしても利用できます。
たとえば「セブンネットショッピング」。
サイト内の「.moneyモール」から「セブンネットショッピング」を利用すると、何と8%分のドットマネー(ポイント)が還元されます。
これはほかのポイントサイトと比べても、ダントツの還元率。
もちろんnanacoポイントもクレジットカードのポイントも別に付与されるので、かなりお得に本、CD、ギフトなどを購入することができます。

また、クレジットカード発行案件でも優秀な案件が出ることがあるので、要チェックです。

なお、獲得したポイントは6ヶ月後の月末に失効してしまうので、その前にメトロポイントに交換するよう習慣づけておきましょう。


■提携サイトが豊富なPeX

「PeX」基本情報
  • ポイント価値:10pt=1円=0.9マイル
  • 有効期限:無期限(12ヶ月間ログインがない、かつPeXへのポイント交換がない場合は失効)
  • 最低交換pt:1,000pt(メトロポイント)
  • 交換単位:1,000pt(メトロポイント)
  • 交換手数料:1回につき500pt(メトロポイント)

Pexトップページ

こちらも中継サイトとして定番かつ登録必須。

「ポイントタウン」など多くのポイントサイトや、「ファンくる」などのモニターサイトから交換できる中継サイトが「PeX」です。
こちらのサイトも価値を保ったまま「メトロポイント」に交換することができます。

ただし1つだけ注意点があり、「メトロポイント」に交換する際、ポイント数にかかわらず1回につき500ポイント(定額)の手数料がかかります。
「PeX」は10ポイントが1円分なので、50円分ということ。
なので、なるべくまとめて多くのポイントを交換することが必要です。
20,000円分のポイント(200,000pt)の交換ならばわずか0.25%ですので、ほぼ気にしなくてよいレベルになります。
※2017年10月より、手数料が無料になりました。

2017年4月からANA VISA(三井住友VISAカード)のワールドプレゼントポイントの交換先にもなったため、ボーナスポイントの中継サイトとして、非常に重要なサイトになりました。


■ソラチカルートの要となる中継サイト

ソラチカルートにおける「中継サイト」の役割がおわかりいただけたでしょうか。
いずれのサイトも「ソラチカルート」には欠かせません。

上で解説した中継サイトへの登録は、以下のバナーからどうぞ。

.money(ドットマネー)バナー.gif Pexバナー_120_60.gif


登録すべきポイントサイトについては、以下のサイトで解説しています。

関連記事
大量マイルを貯めるために必ず登録すべきポイントサイト
(2017年7月6日の記事)
このページでは、ANAマイルを大量に貯めるためのサイトを紹介します…

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます